ご注文前に必ず「特定商取引法に基づく表記」をご覧ください。
税込5000円以上で送料無料
ご注文前に必ず「特定商取引法に基づく表記」をご覧ください。

Blog

2019/02/08 15:15

リードディフューザーって何?

従来のディフューザーは皿に精油を入れ下からキャンドルで熱したり、電気を使いフレグランスオイルをミスト上にする事で大気中にフレグランスオイルを拡散し、お部屋に香り広げるといった商品が主となっていました。

それに対しリードディフューザーは火も電気も使わず自然現象だけでフレグランスオイルを拡散させる事ができるとても安全で自然に優しいディフューザーです。

原理としては、リードと言われる木製(主に葦などが使われる)のスティックの毛細管現象でオイルを吸い上げリードの表面から大気中にフレグランスオイルを拡散するという非常にシンプルな作りとなっています。

お部屋の大きさ・環境により挿入するスティックの本数を調整する事で香りの強弱の調整もでき、一度セットするとそのリードディフューザーの使用可能期間中何もせずともずっと香りが持続するという手間がかからない点も時間の無い現代人に最適なディフューザーです。

使用可能期間はブランドやフレグランスオイルの容量、また挿入されるリードの本数、設置されるお部屋の環境によって変わってきますが、概ね500ml程度の容量のリードディフューザーで約半年程度となっております。

電源・火気を使わないため安全でかつ本当に自然な拡散方式のため不自然な香りの広がり方がございません。

海外ではルームフレグランスとしてかなり前から多くの雑誌・お店で取り上げられセレブの間で爆発的に広がり、 日本でもその安全性・手軽さ・高級感からすでにセレブの間で大流行!現在一番人気のあるルームフレグランスが アロマディフューザー(リードディフューザー)です。

リードディフューザーってどうやって使うの?

メーカーやモデルによって多少の違いはございますが、概ね以下の手順でご使用いただけます。

*   ボトルキャップを外します

*   オイルの吹きこぼれに注意しながらそっとリードスティックを挿入します

*   あとはフレグランスオイルをスティックが吸い上げ、香りが拡散するのを待ちます

 

自分にあった香りを選ぶにはどうすればいいの?

リードディフューザーとひとことで言っても、現在さまざまなメーカー・ブランドが複数のリードディフューザーを販売しているので自分のお気に入りの香りを見つけるのは実はとても大変な事です。 実際に香りをその場で確認できる実店舗へ出向き香りを試して見るというのが理想的ではあるのですが、現実的には実店舗ではあまりラインナップが充実していなかったりという事が多々あるのではないでしょうか?

下記のURLから、サンプルについての詳細をお読みください

 https://www.dodoma.style/blog/2018/09/26/032151

リフィルってどうやって交換するの?

交換(詰替用)リフィルの交換方法

もちろん古いオイルを捨てそのボトルに注ぎ足していただいても良いのですが、できれば下記手順にて交換して頂くことをお勧めしております。

まず既存の古いオイル・スティックを破棄してください。

古いオイルを捨てて頂いたボトルの内側にはまだ古いオイルが残っておりますので消毒用アルコール(ドラッグストア等にてエチルアルコールとして販売しております)をボトルに少量(ボトルを振っていただいた時にボトル内面全体を洗浄できる程度)注いで頂き、ボトルを落としたり、ぶつけたりしないよう気をつけて軽くシェイクし、消毒用アルコールを捨ててください。この作業を2~3回行いボトル内部に残った古いフレグランスオイルを除去してください。

ボトル内部のアルコールが乾いた(揮発した)ことを確認しリフィルのオイルをこぼさない用ゆっくりと注いでください。

新しいスティックを吹きこぼしに注意し挿入すればリフィル交換完了となります。

香りが広がらない時は?

リードディフューザーは電気・火を使わず、木製のスティックの毛細管現象という自然現象により香りを拡散しております。その為、電気・火のように強制的に香りを拡散している訳では無いので、お部屋の環境によって香りの広がり方にかなりの幅が出てしまう事がございます。ここでは香りがあまり拡散しない場合、比較的香りが拡散し易い環境をご説明させて頂きます。リードディフューザーは香りがお部屋に広がる経路には2通りございまして

    液面からの直接揮発による香りの拡散

    リードスティックを木繊維の毛細管現象による拡散

となっております。

1.に関しましては水分の蒸発同様、お部屋の温度(室温)が高く、お部屋の湿度が低いと(飽和水蒸気量)より多く香りが揮発し広がります。2.に関しましては毛細管現象は液体の温度(=室温)と木材の繊維ひとつひとつの直径により吸い上げられる液量が変わってきますが、直径に関しては変更不可ですのでやはり2.に関しましてもお部屋の温度が高いほうが毛細管現象は起こりやすくなります。 毛細管現象により吸い上げられた香り成分のオイルはスティック表面から揮発しお部屋に拡散していくことになりますがこの揮発も温度が高く・湿度が低いほうが起こりやすい環境となります。 まず毛細管現象・揮発を誘発する為にもお部屋の温度を比較的暖かで湿度が低めの環境がより香りが広がり易い環境と言えるかと思います。

最期に香りがあまり香らないというケースでも実際には勘違いというケースがございますので説明させて頂きたいと思います。人間の感覚というのはとても相対的なもので、大きな音のする場所に長時間いると急に静かな所に移動したときに小さな音が聞こえにくかったり、急に暗い部屋に移動するとまったく回りが見えないような場合でも、長時間いるとその暗さに慣れ徐々に周りが見えてきたりと人の五感はその環境に順応するように出来ております。 香りも同様に最初は香りがしたのに最近あまり香りがしなくなって来た、というケースの場合何割かは実際には香っているのですが、なれてしまって香りを感じにくくなってしまっているという場合がございます。 香りがしないかな?と感じた場合は外出から帰ってきてお部屋に入った'直後'に香りがしているか? また'第三者の方'にお部屋に香りがしているか?など確認していただくことでこのケースは判定できるかと思います。

スティックに埃がついて掃除したい時は?

スティックを吸い上がったオイルには粘着性がございますので、長期間の使用で、スティックに空気中の埃などが付いて見た目が気になってしまう場合がございます。

その際、ティッシュやタオルなどで拭いてしまうと、スティックの粘着性でティッシュやタオルの繊維までくっついてしまい余計に汚くなったしまう事がございますので、 スティックを掃除する際は消毒用アルコール()で濯ぐようにスティックの付着物を落としてください。

リードディフューザーのオイルはアルコールやベースオイルでエッセンシャルオイルやフレグランスオイルを薄めたオイルですので、できれば水ではなくアルコールを使用してください。

※ドラッグストア等にてエチルアルコールとして販売しております。